美容室に行くとリフレッシュします

主人が美容室の店を出店したことについて

主人は美容師として長年雇われ店長として仕事をしていましたが、主人自身美容師になった頃から自分の美容室を出店したいという夢を持っていたため、昨年に長年働いた職場を退職し、無事自分の店を出店することができました。私自身妻として主人をサポートしたいという気持ちが常にありますが、美容師の免許を持っていないため、経営には携われるものの美容師として仕事をすることができないので、店の経理として主人をサポートすることにしました。

今のところ経営は順調ですが、いつ経営状態が悪くなるか全く予測することができないため、主人が雇われ店長をしていた頃よりも、日々不安な気持ちを抱きなりながら仕事をしています。主人自身自分の長年の夢だった店を出店することができたため、日々仕事にやりがいを感じることができているようですが、経営者としてこれから先どうなるかわからないため、私と同じように不安な気持ちがあるそうです。今後生活することに困れば、私自身他の企業に働きに行こうと考えているため、何とかなると考えながら日々暮らしています。

そのほかの記事

注目情報

Copyright (C)2017美容室に行くとリフレッシュします.All rights reserved.