美容室に行くとリフレッシュします

美容室でハッとした女としての美、きれいを求めること

私は3か月に1度くらいのペースで美容室に行きます。カラーとカットのみのコースで予算は1万円以内です。若い頃はパーマも欠かさずかけていましたが、ここ数年はシンプルにストレートのスタイルです。パーマをかけている頃はトリートメントをしないと髪がぱさぱさで傷んでしまっていましたが、カラーのみになってからは特に傷みも気にならず、ヘアケアもとっても楽になりました。

女性にとって、きれいでい続けることは一生のテーマともいえます。結婚しても、出産しても、ずっと若々しくきれいでい続けたいと思うことは、とても素敵なことです。でも、そのきれいという言葉は具体的に何を表しているでしょうか。着飾ったきれいさでしょうか。整形やメイクをして顔を偽ってまででも可愛くなることでしょうか。

私が目指すきれいとは、内面から出る真のきれいです。美容室で思い切ってストレートにして、洋服も割とシンプルなものにして、自分を変に飾らなくなってから、真の美しさというものを考えるようになりました。お金をかけなくても、心から”きれい”があふれ出てくる人になりたいです。

そのほかの記事

注目情報

Copyright (C)2017美容室に行くとリフレッシュします.All rights reserved.