美容室に行くとリフレッシュします

美容室でアッシュカラーにヘアカラーチェンジ

美容室でやりたいカラーのイメージを伝えるのは、なかなか難しいことがありますね。色を言葉で伝えるのは難しいものですが、カラー見本の中に思い通りの色味が見つけられなかったりも。そんな時は、雑誌やネットで見つけた写真を何枚か用意しましょう。

自分がやりたいイメージに一番近いと思える写真と一緒に、この色味(または暗さ)だけは絶対に避けたいと思える写真も用意します。そして、最近気に入っているファッションの雰囲気や配色なども分かりやすく写真で伝えましょう。

例えば、髪色をアッシュカラーにしたいといっても、ピンク系カラーからグリーン寄り、ベージュ系など色味に幅があるので暖色系カラーが自分のしたいファッションに合うのか、寒色系の方がしっくりくるのか、明暗のトーンはどちらに寄った方が服装とマッチするのかを美容師さんに相談しつつ、納得してからカラー剤を作ってもらいましょう。暗さを出すのに、カラー剤を最初からダークトーンにするのが近道というわけでもありません。表面は明るめのトーンで入れて内側の髪だけトーンを落とすダブルカラーにすることで明るすぎず、ダークにも寄らずにニュアンスを出す方法もあります。髪のスペシャリスト、美容師さんを味方につけてお気に入りのカラーリングを手にいれてください。

そのほかの記事

注目情報

Copyright (C)2017美容室に行くとリフレッシュします.All rights reserved.